脱磁装置TOPページ

テーブル型 脱磁器 KDA

 

KDA

用途

特長

◇脱磁方法◇
脱磁作業面上で、ワークを静かに下図のA―Bの位置に移動し、脱磁器の端面から約20cm離れたところで、脱磁が完了します 。

 

KDA図面

仕様
ストック番号 型 式 寸   法 電源 容量
(VA)
時間定格 有効脱磁面 重量(kg)
L1 L2 L3 W1 W2 H N-d
S970111 KDA18.14 220 200 180 140 - 85 2-ø9 AC100V
50/60Hz
120/100 連続 L110×W45 5
S970112 KDA20.18 248 230 200 180 - 300/250 連続
最大2H
L110×W95 8
S970113 KDA28.22 340 310 280 220 180 130 4-ø12 単相
AC200V
50/60Hz
580/460 連続 L160×W65 18
S970114 KDA28.30 340 310 280 300 260 1020/800 L160×W135 29

上矢印 ページTOPへ 戻り矢印 戻る

 

サイトマップ    サイトのご利用にあたって